自動ブレーキ に関する記事

テスラ自動運転車の交通事故・死亡事故まとめ 原因や責任は?

米電気自動車(EV)大手テスラの自動車が2件の死亡事故を起こしている。いずれも同社の自動運転機能「オートパイロット」使用中に発生しているが、オートパイロットは安全運転支援システムであり、手放しやよそ見が許されるような自動運転システム...

「自動運転」の使用、レベル3以上のみ 国とメーカーが方針 ドライバーの誤解防...

国土交通省は2018年11月5日までに、自動ブレーキなど安全運転支援システム搭載車を販売する際に「自動運転」という言葉を使用せず、「運転支援」などの表現を用いることで自動車メーカー側と合意したと発表した。今後は、自動運転レベル2(部...

GMと子会社クルーズの自動運転戦略を解説&まとめ 実現はいつ?

かつては世界一の自動車メーカーとして栄華を極めた米GM(ゼネラル・モーターズ)。サブプライムローンに端を発する金融危機の影響で経営破綻も経験したが、依然として世界販売台数3〜4位をキープするリーディングカンパニーの一角として市場に影...

国土交通省、自動運転車のセンサーや電子制御装置の検査手法確立に向け検討会

国土交通省は自動運転車などによる事故を少なくするため、車両に搭載された電子制御装置の異常を自己診断して記録する装置を活用した検査手法の検討に、本格的に乗り出している。 まず「車載式故障診断装置(OBD)」と呼ばれる装置を搭載し...

JAFが自動ブレーキ検証を実施 将来はAI自動運転の試験もする?

自動運転系の評価レポートとして信頼できるデータを作成している組織は——? 車のトラブルでお馴染みのJAF(日本自動車連盟)がその一翼を担うかもしれない。 JAFは2018年7月25日までに、豪雨時などにおける衝突被害軽減ブレー...

高い?安い? 1072万円で畑の革命…自動運転トラクターをヤンマ...

農業機械の販売やメンテナンスなどを手掛けるヤンマーアグリ株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:北岡裕章)は、2018年10月から自動運転トラクターを順次発売すると発表した。経営の大規模化や就農者の減少・高齢化による人手不足と...

米国でのホンダセンシング搭載車、累計販売100万台突破 自動運転実現への注目...

大手自動車メーカーであるホンダの米国現地法人アメリカン・ホンダモーター社(本社・米カリフォルニア州/神子柴寿昭社長)は4月10日、米国内におけるホンダ独自の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」搭載車...