第一交通産業 に関する記事

タクシー配車アプリ「Uber Taxi」、広島市などでも利用可能に

ライドシェア世界最大手の米ウーバーの日本法人Uber Japanは2019年4月9日、同日から広島市と安芸郡(広島県)でも同社が展開するタクシー配車アプリ「Uber Taxi」が利用できるようになったことを発表した。 発表によ...

富士通、MaaSサービスのウェブサイト公開 ラストワンマイルの移動支援

富士通株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:田中達也)はラストワンマイルの移動を支えるMaaSサービス「SPATIOWLオンデマンド交通サービス」のホームページを公開している。 MaaSとは「Mobility as a ...

ウーバーの全国展開パートナー、業界最大手「第一交通」に決定か タクシー配車事...

米ウーバー・テクノロジーズの日本法人ウーバージャパンは2019年3月4日、タクシー業界最大手の第一交通産業と戦略的パートナーシップを締結し、広島市内などでタクシー配車サービスの提供を開始すると発表した。 第一交通産業はグループ...

DiDiのタクシー配車アプリの日本での使い方は? プロモーションは? 大阪で...

ライドシェア大手として、アメリカの「Uber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)」と双璧をなす中国の「DiDi Chuxing(滴滴出行:ディディチューシン)」。2018年9月に揃って日本国内におけるタクシー配車サ...

定額制タクシー、長野県駒ヶ根市で導入検討 高齢者などの日常の「足」に

「定額制タクシー」がある街で将来誕生するかもしれない。それが東に南アルプス、西に中央アルプスを望む長野県南部の街、駒ヶ根市(人口約3万3000人)だ。 地元紙・長野日報が報じたところによれば、国が定額制タクシーを制度化した後、...

タクシー業界、進むキャッシュレス化 PayPay、第一交通が導入開始 決済サ...

タクシー業界でキャッシュレス化が進んでいる。クレジットカードをはじめ、「Suica(スイカ)」などの電子マネー、「Apple Pay」や「Google Pay」といったスマホ決済などが浸透しており、2018年11月にはQRコード決済...

DeNA、タクシー配車アプリを東京都内で2018年内に提供 AI需要予測も導...

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区/代表取締役社⻑兼CEO:守安功)=DeNA=は2018年10月15日、同社が提供する次世代タクシー配⾞アプリの提供エリアを従来の神奈川県内から拡大し、2018年内に東京23区なども対象...

DiDiモビリティジャパン、大阪でタクシー配車サービススタート ソフトバンク...

DiDiモビリティジャパン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:Stephen Zhu)は2018年9月27日、大阪でタクシー配車プラットフォームの提供を開始した。タクシー事業者12社と提携し、AI(人工知能)分析・予測を活用...