市販化 に関する記事

自動運転業界はいつ”損益分岐点”に到達できると思いま...

損益分岐点とは、売上高と費用がちょうど等しくなる売上規模(販売量)のことを意味する。企業経営においては一般的に、常に損益分岐点を把握しながら事業活動に取り組むことが重要とされている。 事業単位でこの損益分岐点を考えるのであれば...

ダイムラーとBMW、レベル4級の自動運転車を共同開発

ドイツ自動車大手のダイムラーとBMWは2019年3月3日までに、共同で自動運転開発を行うこと発表した。レベル4(高度運転自動化)相当の自動運転車を共同開発し、2020年半ばの実用化を目指す。 両社はまず運転支援システムや高速道...

自動運転領域の求人数、1万件突破 2019年は転職ラッシュか

自動運転領域で2019年は転職ラッシュが起きそうだ。自動運転ラボが日本国内の主要な6つの転職サイトを調べたところ、自動運転関連の登録求人数は2018年末時点で1万675件に達し、前回調査(2018年5月)の対象となった5サイトでは前...

【最新版】自動運転レベル4の定義や導入状況を解説&まとめ 実現はいつから?

自動運転レベル3(条件付き運転自動化)搭載車両の市販化が世界で始まっている。次の市販化のハードルは自動運転レベル4(高度運転自動化)となった。 運転においてドライバーとシステムが混在するレベル3に対し、レベル4は基本的にシステ...