公募

自動運転の受容性醸成へのNEDO調査案件、実施先に電通系企業など

国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)は2019年9月25日までに、内閣府が主導する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期の「自動運転(システムとサービスの拡張)」において、「社会的受容性の醸成に向け...

自動運転関連の調査事業、「応募ゼロ」に終わる NEDOが発表

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2019年7月24日までに、公募していた「自動運転システムのための通信技術に関する調査」の結果を発表し、提案がゼロ件だったと明らかにした。NEDOは「採択候補なしとの結論に至りました」...

中型自動運転バスの実証実験、実施事業者の公募開始 ラストマイル向けでの実現目...

国土交通省と経済産業省は2019年6月27日までに、中型自動運転バスの実証実験を実施する交通事業者の公募を開始した。 実証実験は「中型自動運転バス公道実証実験事業(2019年度〜2020年度)」の一環として実施されるもので、ラ...

自動運転タクシーにMaaS移動…東京都の支援プロジェクト決定 2019年度分...

東京都が推進している自動運転技術とAI(人工知能)やIoT技術などを組み合わせたビジネスモデルプロジェクトの支援事業で、2019年度の支援プロジェクトが選定されたことが2019年6月7日までに発表された。 事業のプロモーターで...

自動運転技術やAI活用のアイデアも!スマートシティ事業、国交省が公募結果を発...

国土交通省は2019年6月4日までに、公募していた「スマートシティモデル事業」の選定結果について発表した。73のコンソーシアムから提案があり、「先行モデルプロジェクト」を15事業、「重点事業化促進プロジェクト」を23事業、それぞれ選定したと...

NEDO、「SIP自動運転」事業で発表 「信号情報の提供」に関する公募で実施...

国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)は2019年6月2日までに、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの拡張)」に関して報道発表を行った。 発表内容はこ...

経済産業省、モビリティサービスの推進地域を対象に「パイロット地域」を募集

経済産業省は2019年4月29日までに、IoTやAI(人工知能)を活用したモビリティサービスの社会実装に取り組んでいる地域を対象に、「パイロット地域」を募集すると発表した。 同省はパイロット地域を選定後、同地域とともに事業計画...

自動運転バス、実証実験は「小型」から「中型」へ 国交省・経産省が発表

国土交通省は経済産業省と連携して実施しているラストマイル自動運転の実証実験について、新たに「中型自動運転バス」を用いた公道実証実験事業を2019年度から2020年度に実施すると発表した。2019年度の交通事業者の選定に先立ち、公募や...

国交省が「地域版MaaS」の実証実験支援 最大5000万円補助

国土交通省は2019年4月21日までに、地域の交通課題解決を目的とする複数の交通サービスを連携させた地域版MaaSの実証実験を支援する政策を発表した。既に対象事業を2019年4月18日から公募している。 応募可能な事業の条件と...

自動運転技術使って手荷物輸送を無人化 国交省、空港実験の実施者を募集

国土交通省は、自動運転技術を活用して空港内の手荷物輸送などを無人化する実証実験を2019年度中に実施する。実証実験を前に同省は現在、この実証実験を実施する企業・団体を募集している。 実施する場所は空港の制限区域内。実証実験は手...