三菱重工

自動運転と三菱重工(2023年最新版)

国内最大手の重工業メーカー・三菱重工業(以下三菱重工)。その技術は、インフラをはじめエネルギー、航空、宇宙と非常に多岐にわたる産業で活用されている。 交通インフラをはじめとしたモビリティ関連も例外ではなく、鉄道分野では早くから...

広い駐車場の「わずらわしさ」を自動運転で解決!三菱重工の挑戦

三菱重工グループはフランス企業のスタンレーロボティクスと共同で、自動搬送ロボット「Stan」を使った自動車の自動バレーパーキングのフェーズ2となる実証実験を、2022年12月18日にかけて千葉県印旛郡の「酒々井プレミアム・アウトレッ...

「先読み情報」を自動運転車へ配信!三菱重工らが実証実施へ

三菱重工業、三菱重工機械システム(MHI-MS)、三菱重工エンジニアリング(MHIENG)の3社はこのほど、2023年度実施予定の路車間通信(V2I)の実証実験に参加することを発表した。 ■路面の凍結も検知する前方先読み情報 こ...

ロボットが車を引っ張る!三菱重工、自動バレーパーキング実現へ

三菱重工グループは2021年10月31日までに、自動搬送ロボットを使って自動車の自動バレーパーキングと完成車自動搬送サービスを実現する事業を展開する計画を発表した。事業は仏企業のスタンレーロボティクスと共同で取り組む。 報道発...

雪でも霧でも自在に作成!三菱重工が「自動運転試験装置」開発へ

三菱重工業は2021年9月23日までに、同社を含むグループ3社とスペイン企業のApplus+ IDIADA社が、高度自動運転車両の試験・検証システムを共同開発することに合意したと発表した。 グループ3社は三菱重工業のほか、三菱...

フォークリフト、自動運転技術で進化!無人搬送車(AGV)が現場を変革

物流現場で欠かせないフォークリフトに自動運転技術を取り入れる流れが、ここ数年顕著になってきた。大手企業から新進のベンチャーまで幅広い企業が参入し、無人化によるリスク軽減や労働力不足の課題解決を図ろうと、各社でプロジェクトが進行中だ。 ...

自動運転技術の「トリプル導入」で空港が近未来化!旅客搭乗橋も新たに

三菱重工グループの三菱重工交通・建設エンジニアリング株式会社(本社:神奈川県横浜市/取締役社長:磯田厚志)は2021年4月30日までに、世界初の完全無人自動運転による「旅客搭乗橋」の実装に向けた共同開発契約を、成田国際空港と締結した...

海外でも大規模計画が続々【最前線「自動運転×スマートシティ」 第4回】

国内でスマートシティ化に向けた取り組みが加速しているが、欧州を筆頭に先行する海外でも大小さまざまなプロジェクトが進行している。 この記事では、自動運転技術の導入を視野に入れた海外スマートシティプロジェクトをピックアップし、紹介...

空飛ぶクルマの有人飛行試験、技術検証の第1弾完了 SkyDriveが発表

次世代モビリティの「空飛ぶクルマ」の開発を手掛けるスタートアップである株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:福澤知浩)は2020年4月9日までに、日本初として開発している「空飛ぶクルマ」の有人飛行試験において...