ライセンス

北京市、「客乗せOK」な自動運転タクシーの実証エリア拡大

中国の北京市は2019年12月30日、客乗せOKな自動運転タクシーのテスト可能地域として新たに40平方キロメートルを追加したと発表した。同市は12月初旬に自動運転実証の規制の詳細を発表しており、2020年は実証実験の本格的な舞台とな...

焦る非チャイナ企業!中国での自動運転、百度に初商用許可

中国・湖北省の州都・武漢市は2019年9月24日までに、新たな事業の柱にするために自動運転開発に注力する中国ネット大手・百度(バイドゥ)などに対し、自動運転サービスの商用ライセンスを付与したと発表した。中国メディアのグローバルタイム...

自動運転化で需要爆増!PUX、運転手監視ソフトのライセンス提供開始へ

パナソニックの社内ベンチャー制度で設立されたPUX株式会社(本社:大阪府大阪市/代表者:深江秀和)は2019年10月から、DMS(ドライバーモニタリングシステム)向け画像認識ソフトウェア「FaceU for DMS Ver.2.8」...

特区内でOK!中国政府、初の自動運転「T4」認可を百度に付与 レベル4相当

中国政府は2019年7月3日までに、自動運転開発に取り組むネット検索大手・百度に対し、北京市内における公道走行実験に関して「T4」のライセンスを付与した。 T4のライセンスは、米自動車技術会(SAE)の自動運転レベル4(高度運...

NY市が最後の手段…混雑緩和へ「渋滞税」導入 タクシーやライドシェア運賃に上...

米ニューヨークのマンハッタン区内で、渋滞を緩和するためにタクシーやライドシェアサービスの運賃に「混雑料金」を上乗せする制度が始まることになった。「渋滞税」とも呼ばれそうな仕組みで、集められたお金は公共交通の改善に使用される。 ...

デンソーGのエヌエスアイテクス、米quadric.ioに出資 自動運転向け次...

株式会社デンソーのグループ会社で半導体IPの設計、開発を行う株式会社エヌエスアイテクス(本社:東京都港区/代表取締役社長:新見幸秀)は2019年2月10日までに、自動運転実現へ向けて次世代の半導体を開発するべく、米スタートアップ企業...

デンソー、センサー用ヒーター・フィルム製造のフィンランド企業カナツ・オイとラ...

自動運転を実現するためのセンサーは天候や気温などに左右されずに安定して動作しなければならない。例えば霧の中を自動運転車両が走行してセンサー表面に水滴がたくさん付着したとしてもだ。 こうした状況を防ぐことに長けたセンサー用フィル...

カナダのブラックベリー社、自動運転事業で収益増 車載ソフトウェア「QNX」部...

スマートフォン事業で一世を風靡したカナダのブラックベリー社が、自動運転事業で快調な復活劇を繰り広げている。元々スマホ向けOSとして使用していた技術を自動運転事業向けに活用し、既に世界の大手企業と使用ライセンス契約を結んでいる。 ...

アウディ・チャイナ、中国・無錫市で自動運転レベル4の走行試験ライセンスを取得...

ドイツ自動車メーカー大手アウディの中国法人「アウディ・チャイナ」が2018年9月18日までに、中国東部の江蘇省無錫市で完全無人の自動運転レベル4(高度運転自動化)の走行試験ライセンスを取得した模様だ。 アウディは今後、無錫市内...

【速報】トルコ警察、ウーバー利用者の摘発開始 罰金12万円、ライドシェア利用...

トルコ国家警察はこのほど、ライドシェア最大手の米ウーバー・テクノロジーが提供するサービスの利用者に対する摘発・処罰を開始した。警察官が発見した利用者に対して、即時に罰金5000リア(約12万円)を科す。ウーバーは利用者に対し、罰金の...