ボーイング

東大発スタートアップ、いよいよ1/1サイズの空飛ぶクルマ製作 テトラ・アビエ...

次世代交通として注目される「空飛ぶクルマ」を開発中の東京大学発スタートアップ「テトラ・アビエーション株式会社」(本社:東京都文京区/代表取締役:中井佑)が、いよいよ「1/1サイズ」の1人乗り型試作機の製作に乗り出す模様だ。 同...

Drone Fund、空飛ぶクルマ開発のテトラ・アビエーションに出資

エンジェル投資家の千葉功太郎氏が設立したDrone Fund(所在地:東京都港区)は2019年5月26日までに、空飛ぶクルマを開発するテトラ・アビエーション株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役:中井佑)に出資したと発表した。 ...

“空飛ぶクルマ”国際コンテスト、日本チーム「teTr...

米ボーイングが協賛する有人エア・モビリティ(空飛ぶクルマ)コンテスト「GoFly」で、日本の学生と社会人の有志チーム「teTra」が善戦している。 発表によれば、第3期へ進出するチームに選ばれたという。現在の残りチームは31チ...

空飛ぶクルマの実証実験、羽田空港などで年内実施へ

空飛ぶクルマの実証実験が、東京や大阪など4都府県で2019年中にも始まる見込みのようだ。経済産業省と国土交通省が音頭を取り、日本や海外の開発メーカーが参加することになるとみられている。日本経済新聞が2019年2月4日に報じた。 ...

空飛ぶタクシーとは? 3つのタイプや世界の開発企業を紹介

自動運転技術やドローン技術の進展により、現実味を増してきた「空飛ぶクルマ」。未来を描いた一昔前のアニメやSF映画のように、個人の移動手段が陸主体から空主体に代わるのはもはや空想の話ではない。 実用化に際しては、大半が個人や数人...

【最新版】空飛ぶクルマとは? 仕組みや技術、必要なインフラなど

「空飛ぶクルマ」の実現が現実味を帯び始めている。日本を含む世界各国で実証実験が頻繁に行われており、実用化を見据えた法整備やルール作りに関する議論も進みつつある。 舞台が「空」とはいえ、トヨタ自動車や日産などの日本の大手メーカー...

空飛ぶタクシー、2022年にサービス提供開始 イギリスのバーティカル・エアロ...

「空飛ぶタクシー」の開発を進めているイギリスのスタートアップ企業バーティカル・エアロスペース(Vertical Aerospace)社が2018年9月20日までに、サービス提供を2022年までに始めると発表した。まるで映画の中の話の...