ヘリポート

空飛ぶクルマとは?(2024年最新版) 開発企業・実用化状況まとめ

自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL(電動垂直離着陸機)、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進んでおり、すでに実用化や機体販売を始めた企業も出始め...

【解説】空飛ぶクルマの離発着場「バーティポート」の整備指針

国土交通省航空局はこのほど、空飛ぶクルマの離着陸場となるバーティポートの整備指針を発表した。国際基準が規格化されるまでの暫定的ガイダンスとして、国内開発・整備を推進する狙いだ。 大阪・関西万博を旗印に実用化に向けた取り組みが進...

大阪、空飛ぶクルマ実証の環境整備を一層推進 ヘリポートの提供などで

大阪府は「空飛ぶクルマ」の実証実験の支援に向けた環境整備により一層力を入れ、ヘリポートやリスクアセスメントサービスの提供などを進める。 2019年6月20日までの発表では、こうした取り組みは2025年の大阪・関西万博を見据えた...