ダイナミックマップ

【最新版】コネクテッドカー・つながるクルマとは? 意味や仕組みや定義は?

自動運転開発と並び、近年自動車業界で注目が高まっているのが、インターネットを介して外部とつながるコネクテッドカーだ。安全性への貢献やエンターテインメント機能などをはじめ、コネクテッドカーに必要となる高度な通信技術は自動運転の実現にも...

国土交通省、陸海空の自動運転最新情報を紹介 東京都内でフォーラム、自動運航船...

国土交通省は2018年10月17日、第3回「交通運輸技術フォーラム」を東京都内で開催し、陸海空における自動運転関連の最新の取り組み状況や、衛星を活用した測位技術について紹介する。 フォーラムでは、自動運転の実現に向けた技術開発...

自動運転に関する専門用語まとめ LiDAR、MaaS、ダイナミックマップ…

現在進行形で研究開発が進む自動運転の分野では、次々と新しい技術や発想が生み出され、それに伴って聞きなれない用語も数知れず出てくる。LiDAR、ADAS、MaaS、ダイナミックマップ…。今回は、自動運転に関する基本的なワードや知ってお...

自動運転株式の人気急上昇 トヨタやデンソーなどの注目銘柄を一挙紹介

「自動運転化」「電動化」「カーシェア」——。これら新技術・サービスの登場で、自動車業界は100年に1度の大変革時代を迎えている。 特に都市の渋滞、高齢化に伴う交通過疎地の足の確保など、さまざまな交通課題を解決する「自動運転化」...

測量ソフト開発大手アイサンテクノロジー、AI自動運転分野でKDDIと資本提携...

測量・土木関連ソフトウェア開発大手のアイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:加藤淳)は2018年8月30日までに、KDDI株式会社と業務提携契約を締結することを発表した。アイサンテクノロジーのダイナミック...

自動運転にAI(人工知能)は必要?倫理観問う「トロッコ問題」って何?

自動運転の根幹を成すともいわれるAI(人工知能)。トヨタをはじめとする大手自動車メーカーや米NVIDIA (エヌビディア)社などの半導体メーカー、米Google(グーグル)系のWaymo(ウェイモ)など、世界の既存大手企業からスター...

自動運転車が渋滞を緩和させるワケ 米ミシガン大学の研究「たった1台でも軽減」...

一般的に、渋滞は走行する車両の数が道路の輸送キャパシティを超えた時に発生する。例えば、年末年始や大型連休など走行車両が急増する場合や、道路工事や交通事故などで交通そのものが制限された際などだ。また、走行車両数が輸送キャパシティを超え...

トヨタ第二の創業(1)第11代社長、豊田章男62歳と夢の自動運転 トヨタ自動...

「100年に1度の大変革期を勝ち抜く」―—。トヨタ自動車の2018年3月期決算発表の場で、豊田章男社長が力を込めた。章男社長が言う変革期とは何か。トヨタはこの100年に1度の戦いをどのように戦い抜くのか。 ■塗り替えられる自動車史...

内閣府のSIP第2期自動運転が始動へ 五輪見据え自動運転バス実証実験

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2018年8月7日までに、内閣府が進める「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの実用化)」の研究開発計画説明会を開催した。 ...

出でよ第2の落合陽一! 埼玉工業大が「AI専攻」新設を決定 自動運転概論も

埼玉工業大学は2019年度から、工学部情報システム学科にAI(人工知能)専攻を新設する。AIの基礎から応用、実践を学べるカリキュラムが特徴で、AIにより新しいビジネスやアイデアを創出して活躍する人材の育成を目指す。自動運転分野をはじ...