スーパー

ロボットが「半額シール」を貼る未来

スーパーマーケットでは、自動走行ロボットが活躍する余地が十分にある。在庫チェックロボットや万引き防止の警備ロボットなどだ。もしかすると「半額シール」を貼る人も、将来はロボットに代わるかもしれない。 ■半額シールを貼るために必要な技...

自動運転配送、年商5,500億ドル超のWalmartが出す結論は?

米小売大手のWalmart(ウォルマート)は2021年9月20日までに、米自動車メーカーのFord(フォード)と米自動運転ベンチャーのArgo AI(アルゴAI)と共同で、自動運転車による配送サービスを開始すると発表した。 W...

スーパーが自動運転にBet(投資)し始めた!英Ocado、米Walmart…...

大手スーパーやネットスーパーが自動運転に投資し始めている。その代表格が、英ネットスーパーのOcado(オカド)や米小売大手のWalmart(ウォルマート)だ。それぞれ自動運転企業に投資しており、物流コストの削減に向けた無人宅配の実現...

「小ロット短納期」商品宅配、自動運転時代を待たずに実現へ注力!

自動配送ロボットを活用した無人宅配サービスの実現に向け、各地で実証が加速している。宅配ロボットが自動で商品を運ぶ時代に向け、カウントダウンが始まった印象だ。 一方、こうしたサービスの全国的な普及には、まだある程度の時間を要する...

カリフォルニア、自動運転車の公道試験認可「デリバリー用」にも

米カリフォルニア州車両管理局(DMV)はこのほど、デリバリー用などの自動運転車が公道で「試験走行」や「商用利用」ができるよう、自動運転技術を開発する企業に対して許認可を与える制度をスタートさせることを発表した。 この発表は20...

自動運転普及は人の移動(車)よりモノの移動(配送ロボ)から、その理由は?

自動運転技術を活用した移動サービスは、大きく二つに分けることができる。「人の移動」と「モノの移動」だ。これらのサービスの実現においては共通する部分も多いが、技術要件の違いなどから全く異なった性質も見え隠れする。 また、それぞれ...

アメリカにおける「自動運転×配達」の実証実験・テストまとめ

自動運転技術の商業的実用化において、タクシーとともに注目が集まる宅配事業。小型・大型タイプなどの開発と実証が日々進められている状況だ。特にスタートアップがひしめく米国では、大手小売りや飲食チェーンなどのデリバリー需要と合わせてさまざ...

AI自動運転車の利用シーンを予測してみた 職場、買い物、キャンプ場、居酒屋…...

あなたがもしAI(人工知能)が運転してくれる自動運転車を買ったら、どのように利用し、どこに行くでしょうか。日常使いはもちろんだが、つい面倒に感じて行かなかったような場所にも、積極的に行くようになるのではないだろうか。未来の自動運転車...