オンデマンド

自動配送、「早さ」も追求!最短30分、楽天などが展開

楽天とパナソニックホールディングス、西友が自動配送ロボットを活用した宅配サービスを茨城県つくば市で2022年5月28日から開始した。注文から最短30分で配送する国内初のオンデマンド配送を実現するという。 実用化に向けた実証が加...

MotionalとVia、ラスベガスでオンデマンド自動運転タクシーのサービス...

自動運転開発を手掛ける米MotionalとMaaS事業を手掛ける米Viaは2022年3月22日までに、ラスベガスのダウンタウンにおけるオンデマンド型の自動運転タクシーサービスのスタートを発表した。 Motionalが開発する自...

乗客を拾うルートの最適化、「大学パワー」でさらに進化!AI運行バス実証

AI(人工知能)技術を活用して効率よく乗客をピックアップしてくれる乗合バスは、社会にとっていいことづくめだ。より多くの人をより短時間で移動させることができるし、動力となるエネルギーを効率良く活用できる。SDGs(地蔵可能な開発目標)...

内容は三者三様!国交省「日本版MaaS推進事業」で12事業選定

国土交通省は2021年9月1日までに、2021年度の「日本版MaaS推進・支援事業」として12事業を選定したことを発表した。 内閣府・総務省・経済産業省・国交省が連携した「スマートシティ関連事業」の一事業として6〜7月に公募し、「スマ...

スマートモビリティチャレンジ、2021年度事業の選定結果は?

経済産業省と国土交通省が取り組む「スマートモビリティチャレンジ」の2021年度事業の選定エリア・事業者が決定した。 本年度は、「地域新MaaS創出推進事業」に14地域、「地域や業種をまたがるモビリティデータ利活用推進事業」に3事業者が...

【独占インタビュー】新時代は「サービスを運ぶ」!MONET Technolo...

トヨタとソフトバンクの共同出資会社として2019年2月に事業を開始し、2年半が経過したMONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ)。独自に立ち上げた企業横断型のコンソーシアムにはすでに600社以上が加盟し、モ...

境町の自動運転バス、サービス大幅拡充!ルート拡大、LINEでのオンデマンド運...

茨城県境町は2021年8月5日までに、町内で運行している自動運転バスのルートの拡大について発表した。ルート拡大のほか、平日に加えて土日祝日の運行と貨客混載の運行も開始し、LINEでオンデマンド運行の乗車予約も可能になるようだ。 ...

エンジニア募集多数!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2021年6月】

アメリカや中国の一部地域では、すでに自動運転タクシーがサービスを開始している。そんな中、日本企業も負けじと自動運転技術の開発に余念がなく、関連求人も増え続けている。 この記事は自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2021年...

「街の交通結節点」を大日本印刷が開発!将来は自動運転バスの発着場にも?

大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:北島義斉)=DNP=は2021年6月7日までに、交通結節点として機能する「DNPモビリティポート」を開発したことを発表した。 DNPモビリティポートとは、交通情報や地域情...

「自動運転シティ!」と叫びたくなる愛知スーパーシティ構想とは

愛知県と同県常滑市が、国のスーパーシティ構想に関わる公募に応募した。自動運転実証が盛んな愛知県らしい提案で、モビリティ分野における取り組みが盛りだくさんの内容となっている。 応募は2021年4月16日付。各自治体からの提案の検...