オランダ に関する記事

終わり無き「ハッカーvs車」の仁義なき戦い ACCESS社、蘭セキュリティ企...

IoT事業を手掛ける株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:大石清恭)は2019年1月10日までに、オランダのサイバーセキュリティ企業Irdetoと車載データサービス向けのセキュリティ分野で協業すると発表した。 ...

「自動運転×ヨーロッパ」の最新動向は? 各国政府や企業の取り組みまとめ

自動車メーカーらが熾烈な自動運転の開発競争を展開する中、各国政府も国際基準作りの主導権を巡って水面下でしのぎを削っている。主導権争いは日本をはじめ米国、欧州、中国が有力視されているが、多くの国が集うEU(欧州連合)はやはり強力だ。 ...

MaaSアプリ「Whim」とは? 仕組みやサービス内容を紹介

MaaSに基づいたサービスが世界各地に拡大・浸透し始めている。日本でもソフトバンク株式会社とトヨタ自動車株式会社が2018年に共同設立した新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」がMaaS分野での事業展...

パイオニアの自動運転・LiDAR戦略まとめ ロードマップや開発状況は?

経営改善に向け財務基盤の早期立て直しを図る電機メーカー大手のパイオニア(本社:東京都文京区/代表取締役:森谷浩一)。コネクテッドカーライフの早期実現や高精度地図ビジネスの確立・拡大などによるV字成長を目指すが、中でも期待を込めるのが...

オランダ警察、自動運転パトカー導入へ実証実験 トヨタやテスラも協力か

オランダ警察が自動運転技術や遠隔運転技術を導入して犯人を逮捕するという新たな取り組みについて、実証実験を行っている。 警察署にこうした技術のスペシャリストを配備して、追うのは無人の自動運転パトカー——。こんな未来がそう遠くない...

自動運転の準備度、日本は総合11位 KPMG調査、法整備遅れ響く 首位オラン...

日本の自動運転車の普及準備度は世界で11位——。国際会計事務所KPMG(本部:オランダ)が自動運転車の普及に向けた法整備や技術開発、インフラ整備、社会受容度の状況を世界20カ国で比べた調査で、日本は韓国に次ぐ11位だったことで2018年10...

オランダ半導体大手NXPセミコンダクターズ、自動運転向け半導体開発強化でイー...

オランダの車載半導体サプライヤーであるNXPセミコンダクターズ(本社:アイントホーフェン/CEO:リチャード・L・クレマー)は2018年9月7日までに、車載イーサネット・サブシステム技術プロバイダのOmniPHY社を買収したと発表し...

オランダの研究機関TNO、横浜でAI自動運転技術を開発 自国では車載センサー...

1932年にオランダ議会によって設立された「オランダ応用科学研究機構(TNO)」が、神奈川県横浜市に日本法人を設立し、自動運転技術の研究開発などに取り組んでいる。 TNOは自動車やIT、エネルギー、エレクトロニクスなどの様々な...

トヨタのオンライン無料サービス「通れた道マップ」、自動運転への応用も期待

通行可能な道を視覚的にもわかりやすく、リアルタイムで示してくれる便利なサービスがある。トヨタ自動車が東日本大震災後に本格的に展開を始めたオンライン無料マップ「通れた道マップ」だ。ウェブ上でマップを開けば、直近24時間で通れた道を示し...

パイオニア、自動運転の目「LiDAR」で巻き返しへ 再建に向け各社と提携協議...

経営再建を目指すパイオニア株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役:森谷浩一)は2018年8月9日、経営支援要請に関する一部報道を受けて報道発表し、カルソニックカンセイ株式会社を含め複数の企業と提携について協議を進めていることを明ら...