オランダ

「鍵代わりにスマホ」に貢献!UWBチップ、半導体大手NXPが発表

オランダの半導体大手NXPセミコンダクターズは2019年11月13日、自動車の物理的な鍵の代わりにスマートフォンを使えるようにすることに役立つ「車載超広帯域無線(UWB)チップ」を新たに発表した。 このチップに搭載されているU...

ヨーロッパ×自動運転、最新動向まとめ

北米、中国とともに大きな自動車市場を形成するヨーロッパ。有力な自動車メーカーや部品メーカーも多く、自動運転開発も活発で、世界各国への影響は根強いものがある。 また、国連への影響力が強い国々を有するEU(欧州連合)は、日本が奮闘...

衛星・GPSはもう要らない?非依存型で自動運転を可能に

GPS(全地球測位システム)より凄いネットワーク・タイミング同期を実現——。アムステルダム自由大学発のベンチャー企業OPNTが2019年6月16日までに、こんな発表をした。 発表によれば、既に配備されている光ファイバーインフラ...

蘭NXP、自動運転ソフト開発の中国Momentaと運転手監視ソリューションで...

オランダの車載半導体大手NXPセミコンダクターズは2019年6月11日、自動運転向けソフトウェアを開発する中国のMomenta(モメンタ)社と、運転手監視ソリューション(DMS)の領域で提携したことを発表した。 NXPセミコン...

「自動運転×セキュリティ」に取り組む日本と世界の企業まとめ

独ダイムラーとBMWが運営するカーシェアサービス「Share Now」が、米シカゴでハッキングされたらしい。IoT化・コネクテッド化が進む自動車分野では、新手の犯罪被害に対する懸念が高まっている。 将来、完全自動制御される自動...

半導体大手NXP、コネクテッドカーのデータ利用に役立つ新チップセットを発表

オランダの半導体サプライヤー大手・NXPセミコンダクターズは2019年3月21日までに、コネクテッドカーのデータ利用に適した新チップセット「MPC-LS」を発表した。 MPC-LSチップセットは、同社のMPC5748G車載マイ...

自動運転への対応度、日本がトップ10入り KPMGがランキング発表

もっとも自動運転社会の実現が早い国はどこだろうか——。 世界4大会計事務所の一つとして知られるKPMG(本部:スイス)は、2018年から2回目になる「自動運転車対応指数(AVRI)2019」を2019年2月24日までに発表した。世界1...

自動運転向けの地図、世界と日本の開発企業まとめ ダイナミックマップの業界動向...

自動運転の実現に欠かせないと言われる高精度3次元地図やダイナミックマップ。自車位置の特定・補正や周辺予測、リアルタイムな交通情報提供などで自動運転車の安全性を高める役割を担う。 限定領域下で自動運転レベル3~4が世界各地の公道...

終わり無き「ハッカーvs車」の仁義なき戦い ACCESS社、蘭セキュリティ企...

IoT事業を手掛ける株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:大石清恭)は2019年1月10日までに、オランダのサイバーセキュリティ企業Irdetoと車載データサービス向けのセキュリティ分野で協業すると発表した。 ...

「自動運転×ヨーロッパ」の最新動向は? 各国政府や企業の取り組みまとめ

自動車メーカーらが熾烈な自動運転の開発競争を展開する中、各国政府も国際基準作りの主導権を巡って水面下でしのぎを削っている。主導権争いは日本をはじめ米国、欧州、中国が有力視されているが、多くの国が集うEU(欧州連合)はやはり強力だ。 ...