エンジニア

自動運転指数、なぜ車産業がないシンガポールが1位なのか

世界中で実用化に向けた開発が進む自動運転。社会実装には、技術開発と実用化に向けた法整備やインフラ整備、消費者の理解などが欠かせない。コンサルティング世界大手のKPMGは、こうした各要素を国別に指数化した「自動運転車対応指数」を201...

エンジニアが勝敗の鍵!自動運転&MaaS、気になる求人3選【2021年7月】...

自動運転やMaaSといった次世代技術や次世代サービスでは、優秀なエンジニアをいかに多く確保できるかが勝敗を握る1つの鍵となる。そのため、いまが黎明期のこうした両領域では、各社が盛んにエンジニア採用の募集案件を公開している。 自...

百度(Baidu)自動運転開発の年表!アポロ計画推進、中国で業界をリード

自動運転分野で一気に頭角を現した中国。その中国において、並み居る有力スタートアップに譲らず自動運転の開発シーンをリードし続ける企業がある。IT大手のBaidu(百度)だ。その勢いは世界トップクラスと言っても過言ではない。 この...

「南相馬バレー」が空飛ぶクルマ開発の聖地に!有力ベンチャーが集結

福島県南相馬市が空飛ぶクルマの開発が盛んな地域となり、いずれは「南相馬バレー」と呼ばれる日も近いかもしれない。南相馬市では2020年3月に「福島ロボットテストフィールド」が全面開所しており、開発・テスト拠点としての注目度が業界で高ま...

エンジニア募集多数!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2021年6月】

アメリカや中国の一部地域では、すでに自動運転タクシーがサービスを開始している。そんな中、日本企業も負けじと自動運転技術の開発に余念がなく、関連求人も増え続けている。 この記事は自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2021年...

トヨタWoven Planetの採用情報が全て英語な理由 自動運転求人もWo...

2021年1月に設立されたWoven Planet Group(ウーブン・プラネット・グループ)。自動運転関連ソフトウェアやスマート・シティなどの新領域を手掛けるトヨタ自動車の子会社だ。 そのWoven Planet Grou...

超優秀エンジニア1,200人で勝つ!トヨタ、Lyftの自動運転部門を買収

トヨタ子会社のウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区/CEO:ジェームス・カフナー)は2021年4月29日までに、配車サービスの米Lyftの自動運転部門「Level 5」を約5億5,000万ドル(約600...

刺激的なゼロイチ担当も!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2021年4月...

ホンダが自動運転レベル3の搭載車を発売したこともあり、自動運転業界はますます活気づいている。Woven Cityも着工後2カ月が経ち、自動運転やMaaSでどのような取り組みが今後行われるのか、期待感が増すばかりだ。 こうした中...

業界人必見!自動運転OS開発のティアフォーが初サミット 無料オンライン開催

オープンソースの自動運転OS(基本ソフト)を開発する株式会社ティアフォー(東京オフィス:東京都品川区)は2021年4月21日(水)、ティアフォー初の公式オンラインサミットとして「Tier IV SUMMIT 2021」を開催する。 ...

LiDAR企業Ousterと自動運転企業QCraft、中国で「ロボバス」新た...

米国のLiDAR企業Ousterと中国の自動運転スタートアップのQCraftは2021年3月7日までに、中国の武漢においてロボバス(自動運転バス)をローンチしたと発表した。報道発表によれば、QCraft社にとって3番目のロボバスプロ...