SMK

2022年に7000億円市場の車載ディスプレイ、自動運転など見据え開発盛んに...

自動運転車やコネクテッドカーが当たり前となる時代には、車内の様相が大きく変わる。自動運転化によって誰も運転に関与する必要が無くなることから、乗員向けに情報を発信するツールがさまざまな形態で搭載されるようになる。 いまより多くの...

SMK、乗員検知センサーでイスラエル企業と提携 自動運転車両の車内向けなど想...

電子機器メーカーのSMK株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:池田靖光)は2019年1月28日までに、センシング技術を有するイスラエルのCAARESYS社と業務提携し、「車室内乗員検知センサー」と「車載用生体情報センサー」の...