JapanTaxi

MaaSへ前進!タクシー配車システムの電脳交通、「地域交通アライアンス」を発...

タクシー配車システムの開発・提供に取り組む株式会社電脳交通(本社:徳島県徳島市/代表取締役社長:近藤洋祐)は2020年1月31日、地域交通の課題解決を目的とした新たな自治体・企業の連携組織として、「地域交通アライアンス」を発足させることにつ...

トヨタMaaS「my route」全国へ…待ち受ける「Whim」との決戦

トヨタは2020年1月19日までに、MaaSアプリとして福岡市と北九州市で展開するマルチモーダルモビリティサービス「my route(マイルート)」について発表し、サービス提供エリアを2020年春頃には神奈川県横浜市と熊本県水俣市、...

MaaSアプリ「モビリティパス」、東京臨海副都心エリアの実証で提供

タクシー配車アプリ最大手のJapanTaxiや経路検索大手のナビタイムジャパンなど6者はこのほど、東京臨海副都心エリアで実施される実証実験のためのMaaSアプリ「モビリティパス」の提供を、2020年1月16日から開始すると発表した。 ...

最大手JapanTaxi、「900万ダウンロード」突破の貫禄 タクシー配車ア...

JapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:川鍋 一朗)が展開するタクシー配車アプリ「JapanTaxi」が、900万ダウンロードを突破したようだ。同社が2019年12月17日までに発表している。また法人向けサ...

【対談】車載ストレージ、タクシーのデータビジネス下支え!ウエスタンデジタル×...

車両から集めたデータを使ったビジネスモデルが昨今注目を集めつつある。自動車がネットワークとつながる時代になり、車載センサーなどから集めた情報をクラウドなどに集積していけば、そのデータの二次利用で新たな付加価値を生み出すことが可能にな...

タクシー、そして自動運転車が落し物を見つけ出す時代に

「街中を走る自動運転タクシーが落し物をもれなく検知する時代がくる」——。こうしたことを予感させるプレスリリースを目にした。 そのプレスリリースは、タクシー配車アプリ国内最大手のJapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区/...

注目の新広告枠…タクシー内テレビの仁義なきシェア戦い

タクシー配車アプリ「DiDi」の提供エリア拡大を推し進めるDiDiモビリティジャパンも2019年12月、満を持してタクシー車内のデジタルサイネージサービス「DiDi TV」の運用を開始した。これにより、タクシー配車サービス大手5社の...

【2019年11月分】自動運転・MaaS・AIの最新ニュースまとめ

東京モーターショーが盛況のうちに終幕した11月。未来のモビリティを担う自動運転技術を目にした方も大勢いたのではないだろうか。 国内では、トヨタがカーシェアなどの移動サービスに本格着手したほか、自動運転タクシーを実用化する新たな...

ソフトバンクG出資のGrabで、JapanTaxi加盟タクシーが呼べるように...

タクシー配車アプリ国内最大手のJapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:川鍋一朗)は2019年11月19日までに、ソフトバンクグループが出資する東南アジアの配車サービス「グラブ」(本社:シンガポール)との連携...

タクシー2.0時代、20の革新 自動運転やMaaSも視野

タクシー業界の改革が本格化している。国土交通省は2019年10月、配車アプリを活用したタクシーの事前確定運賃に関する新ルールの運用を開始し、認可事業者らを発表した。 報道によると、同省は本年度内に「変動迎車料金」「定額タクシー...