自動制御 に関する記事

大成建設とソフトバンク、5G活用下で建機の自動運転などの実証実験

大成建設とソフトバンクは2019年6月14日までに、次世代通信規格「5G」を活用し、建設機械の自動運転と精細映像の伝送に関する実証実験を実施したことを発表した。 実証実験はソフトバンクが開発した「おでかけ5G」を活用して行われた。おで...

BRT路線で自動運転バスの実証実験 JR東日本やソフトバンクなど参加

JR東日本管内のBRT(バス高速輸送システム)路線で2018年12月12日から2019年3月8日にかけ、自動運転バスの技術を検証する実証実験が実施される。実施場所は岩手県陸前高田市の大船渡線BRT竹駒駅周辺で、車線維持や速度制御、正...

【最新版】自動運転車の実用化による10のメリットとは?社会や人への恩恵は?

自動運転レベル3(条件付運転自動化)搭載車がいよいよ市場に登場し始め、運転を支援するシステムから完全自動運転へまた一歩前進した。法整備や国際的なルールづくりも待ったなしの状況で、より高レベルな自動運転車の実用化も現実味を帯びてきた。...

【最新版】自動運転に必須の7つの先端技術 認識・予測技術や位置特定技術、AI...

自動運転車の開発・実現に欠かせない必要な先端技術は、大きく分けて7種類あると言われている。この記事では、位置特定技術や認識技術、AI技術、予測技術、プランニング技術、運転手モニタリング技術、通信技術について、それぞれの技術が必要な理...

自動で動く機械たちに韓国大手が注目 建機の自律運転技術手掛けるPoteNit...

韓国で重工業を中心に展開している斗山グループ傘下の建設機械メーカー「斗山インフラコア」社はこのほど、機械の自律運転システムの開発を手掛ける同国のスタートアップ企業PoteNit社に出資したと発表した。具合的な投資額は明らかになってい...

仏部品大手ヴァレオ、自動運転キーデバイス「レーザースキャナー」で表彰

取引先に世界の完成車メーカーを有するフランスの自動車部品大手サプライヤー「Valeo(ヴァレオ)」は2018年4月10日、高度な自動運転レベルを実現するためのキーデバイスとなるレーザースキャナーについて、同社製品がアメリカの自動車専...

【最新版】自動運転レベル0〜5まで、6段階の技術到達度をまとめて解説

自動運転レベルは、人(運転手)と車(システム)が担う運転動作の比率や技術到達度、走行可能エリアの限定度合いなどによって、レベル0からレベル5の6段階に分類されている。 自動運転レベルは当初、「米運輸省道路交通安全局」(NHTSA)の定...