研究会

自動運転の事故責任、誰が負う?(2022年最新版)

自動運転技術の実用化が加速している。アメリカや中国では自動運転タクシーの実用化が進み、ホンダは世界初の自動運転レベル3搭載者を発売した。 身近な技術となりつつある自動運転だが、いまだに判然としない課題が残っている。自動運転にお...

【資料解説】自動運転と損害賠償責任、国の研究会の報告書の内容は?

全6回にわたって開催された「自動運転における損害賠償責任に関する研究会」の報告書の内容が、国土交通省のウェブサイトで公表されている。 2020年4月に条件付きの自動運転である「レベル3」が国内で解禁され、損害賠償責任について考...

企業バスを公共交通に!?MONETと静岡県湖西市、「BaaS」研究会設立

トヨタやソフトバンクが出資するMONET Technologies株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:宮川潤一)=モネ・テクノロジーズ=と静岡県湖西市は、次世代モビリティーサービスを関する連携協定を2020年1月23日に締結...

「MaaSを日本に実装するための研究会」発足 トヨタとソフトバンクが共同出資...

一般社団法人「ブロードバンド推進協議会」は2019年3月13日までに、「MaaSを日本に実装するための研究会」を発足させると発表した。筑波大学名誉教授・特命教授の石田東生氏が座長となり、民間事業者や有識者、自治体などが参加する研究会...