物流MaaS

車以外の8業種は「自動運転」「MaaS」にこう切り込もう!

異業種参入が相次ぐ自動運転やMaaS(Mobility as a Service)業界。近未来の巨大産業目掛け、自社のビジネスと未来のモビリティをどのように結び付けることが可能か模索する動きが広がっている。 その象徴の1つがM...

【資料解説】「物流MaaS勉強会」取りまとめ、その概要は?

経済産業省はこのほど、2019年12月に開催した物流MaaS勉強会の成果を取りまとめ、その内容を発表した。この取りまとめの内容を踏まえ、2020年度は商用車メーカーなどと協働して具体的な取り組みを行い、「物流MaaS」の実現と課題解...

位置情報管理サービス「Owleye」の提供開始!MaaSや物流で活躍

位置情報の「可視化」による乗車の促進などにも活用できる新たな「動態管理プラットフォーム」が登場した。システム会社の株式会社ABシステムソリューション(本社:東京都江東区/代表取締役社長:小貫喜和)が提供を開始した「Owleye」だ。MaaS...

「自動運転×宅配」やラストワンマイルに挑む日本の企業まとめ

自動運転レベル3の解禁によってにわかに活気づいてきた自動運転業界。ただ、多くの消費者の関心を誘うには今しばらく時間がかかりそうで、さらなる技術の進展や低価格化を図りいち早く需要を喚起したいところだ。 その一方、溢れかえらんばか...

ラスト1ミニットの宅配課題を解決!ゼンリンとライナロジクスの新プラットフォー...

「ラスト1ミニット」という言葉をご存じだろうか。宅配事業における「エンドユーザーの手元に届く最後の1分の距離」のことを指す。 このラスト1ミニットにおける宅配は、現在はベテランドライバーの経験によって支えられている。時間帯別の...

国土交通大臣賞を受賞した「“モノのMaaS”実現」とは?オープンイノベーショ...

国土交通省は2020年2月20日までに、日本のオープンイノベーションを推進するための「日本オープンイノベーション大賞」の第2回目の審査結果を発表した。国土交通大臣賞には「全国対応、軽貨物の当日緊急配送を実現する“モノのMaaS”実現」という...

博報堂とやさいバス、資本提携で「MaaS×Eコマース」のさらなる進化へ

大手広告代理店の株式会社博報堂(本社:東京都港区/代表取締役社長:水島正幸)の新規事業開発組織「ミライの事業室」が、MaaS(Mobility as a MaaS)を活用した地域内経済圏づくりに向け、野菜の生産者と需要者を結ぶ配送物...

JR東日本CVCと物流ベンチャーのCBcloud、MaaS領域で提携

CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)のJR東日本スタートアップ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:柴田裕)と、物流ベンチャーのCBcloud株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:松本隆一)は、MaaS領域で...

空陸一貫輸送!物流業界のMaaSサービス、ANA CargoとCBcloud...

ITを活用した物流業界におけるMaaSサービスとして、株式会社ANA CargoとCBcloud株式会社は2019年9月12日から、共同で空陸一貫輸送サービスの提供を開始することを発表した。 両社が提供を開始するサービスは、CBclo...

ラストワンマイル系の物流ソリューション・サービスまとめ

物流業界で深刻な問題となっているラストワンマイル問題。その背景には宅配便の増加や人手不足、再配達の増加などがあり、喫緊の課題として運送事業者をはじめさまざまな企業が取り組みを加速している。 そこで今回は、自動運転をはじめとした...