京浜急行電鉄

「Universal MaaS」構想、車いす利用者向け乗継ナビも!ANAなど...

全日本空輸株式会社(ANA)と京浜急行電鉄株式会社、横須賀市、横浜国立大学の4者は2020年2月12日までに、さまざまな理由で移動にためらいのある人々に提供する移動サービス「Universal MaaS」(ユニバーサルMaaS)の社...

「AIバス運行×地域」の連携!全国初の実証、横須賀市で

AI(人工知能)を活用して効率的にバスを運行させる——。そんな仕組みがいま注目を浴びている。神奈川県横須賀市では2019年12月、こうした仕組みを実装した「AI運行バス」を地域の商業施設などと連携して走行させる実証実験が、全国で初め...

AI配車の相乗りシャトルサービス、都内で試験運行 NearMeがシステム開発...

AI(人工知能)配車システムを活用したオンデマンド型の相乗りシャトルサービス「スマートシャトル」が、2019年8月21〜27日に東京都内で試験運行される。 使われるAI配車システムは、タクシーの相乗りアプリを開発する株式会社N...

「モビリティ変革」「MaaS」がテーマのイノベーション拠点 京急などが発表

京浜急行電鉄株式会社と株式会社サムライインキュベート、株式会社ヒトカラメディアの3社は2019年7月24日までに、東京都の品川駅高輪口(西口)エリアに「モビリティ変革」と「MaaS」をテーマとしたオープンイノベーション拠点「AND ...

タクシー相乗りスタートアップのNearMe、京急アクセラの第2期採択企業に選...

タクシー相乗りアプリなどを手掛ける株式会社NearMe(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:髙原幸一郎社長)は2019年4月21日までに、「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」第...

京急アクセラ、第2期目標は「地域連携型MaaSの実現」 サムライインキュベー...

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:原田一之)は2018年11月25日までに、ベンチャーキャピタル(VC)の株式会社サムライインキュベート(本社:東京都品川区/代表取締役:榊原健太郎)とともに、新規事業の創生や育...

品川駅前の上空に自動運転ターミナルなど創設 京浜急行や西武、JR東日本が推進...

品川駅西口駅前広場の上空に未来型の駅前空間を整備する計画が進んでいる。国土交通省は2018年9月27日までに計画の中間とりまとめを発表。自動運転車の「次世代型交通ターミナル」や「賑わい広場」を配置し、日本の顔となる「世界の人々が集い交わる未...