三菱地所

JALなど3社、東京都内で「空飛ぶクルマ」の運航実証実施へ

三菱地所、日本航空、兼松の3社はこのほど、東京都内で「空飛ぶクルマ」の実証実験を実施することを2022年8月4日に発表した。 東京都の「都内における空飛ぶクルマを活用したサービスの社会実装を目指すプロジェクト」の一環で行うもの...

高速道から直接、自動運転トラックが出入り?次世代物流拠点、2026年に誕生か...

世界で開発が加速している自動運転トラック。関連ニュースはアメリカ発や中国発のものが多いが、先日、日本発のプレスリリースで自動運転トラックに関するものがあった。 2022年2月3日、東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取...

三菱地所×AirXで「空の移動革命」!空飛ぶクルマの事業開発に着手

「空飛ぶクルマ」と呼ばれるeVTOL(電動垂直離着陸機)に関し、新たなプロジェクトが動き出した。 エアモビリティ関連事業を展開する株式会社AirX(本社:東京都新宿区/代表取締役:手塚究)は2020年2月26日までに、「三菱地...

三菱商事と三菱地所が「自動運転×配送」に注力!?国内初の実証実験、岡山県玉野...

三菱商事と三菱地所は2020年12月8日までに、岡山県玉野市が実施する国内初の「ルート最適化技術を利用した低速・小型自動配送ロボットの公道走行」の実証実験に参加することを明らかにした。 実証実験は、玉野市役所を中心としたエリアで実施さ...

自動運転、マネタイズは「ビルの中」から 宅配ロボの需要

海外では実用化が着実に進んでいる宅配・配送ロボ。公道での実用実証も加速しており、自動運転技術を搭載したロボットが自宅まで荷物を運びにやってくる時代が幕を開けようとしている。 しかし、これらのロボット導入に待ったをかける存在もある。法律...

空港〜丸の内、ZMPの自動運転タクシーなどで!MaaS実証の参加者募集

「自動運転タクシー」「自動運転モビリティ」「空港リムジンバス」を連携させるMaaSの実証実験が、2019年11月18日~12月1日に実施される。自動運転技術を活用したビジネスモデルの構築を目指すもので、自動運転タクシーの実証実績があるZMP...

自動運転による運搬ロボや警備ロボ、東京都主導のサービス実証実施へ

株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:川島祐治)はこのほど、2019年8月に実施したサービス実証ロボットの公募結果を発表した。 同社は東京都から「平成31年度先端テクノロジーショーケーシング業務...

自動運転×小売、配送モデルは「玄関まで」「前の道路まで」「近くの場所まで」の...

実用化が一部の地域で始まり、開発に熱が入るラストワンマイル向けの配送ロボット。自動運転技術などを搭載し、無人で荷物などを運ぶことができるシステムだ。 この配送ロボットに関し、各社が開発・実証を進めているモデルを見ると、いくつか...

空港から都心へ!自動運転タクシーも使うMaaS実証、気になる内容は?(特集:...

東京空港交通など7社は2019年11月、MaaS(Mobility as a Service)を活用して空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させた都市交通インフラの実証実験を行う。 空港リムジンバスと自動運転タクシーが連携...

未来感たっぷり!近距離用モビリティ「RODEM」が丸の内に 将来は自動運転機...

自動運転技術の搭載も計画されている近距離移動向けの次世代スマートモビリティ「RODEM(ロデム)」を使った公道実証実験が、2019年3月22日までの日程で東京・丸の内エリアにおいて観光客向けにスタートした。 実証実験を実施する...