バーチャルキー

MaaS、2020年の業界展望を大予測!アプリ次々と実用実証へ、Whimも日...

世界的に加速するMaaS(Mobility as a Service/移動のサービス化)構築に向けた動きは、日本も例外ではない。クルマ社会と呼ばれて久しいが、鉄道やバス、タクシーをはじめとした交通機関とともに移動サービス全般の在り方...

【2019年10月分】自動運転・MaaS・AIの最新ニュースまとめ

2019年度も下半期に入り、冬の足音とともに2020年の足音も近付いてきた。 国内では、空飛ぶクルマの開発を進めるスカイリンクテクノロジーズに航空機製造事業の許可が下りたほか、電動キックボードのシェアリング事業の実現を目指すL...

自動運転時代のボッシュ、その一端を見よ!東京モーターショーに出展

「自動運転」や「コネクテッド」などのCASE領域の研究開発に力を入れる自動車部品サプライヤーのドイツ企業ボッシュ。東京お台場エリアで2019年10月24日から11月4日にかけて開催される第46回東京モーターショーに出展し、同社の先端...

鍵はオワコン?スマホで「エンジン始動」「ドア解錠」可能に スマートキー、カー...

自動車の施錠装置に関する保安基準が近く改正されそうだ。国土交通省は2019年10月中を目途に道路運送車両法に基づく告示を改正し、従来の鍵の代わりにスマートフォンなどを活用できるようにすると日経新聞や朝日新聞などが報じている。 ...

ボッシュの最新CASE戦略に迫る!eモビリティ、自動運転分野で新たな動き?

世界最大級の自動車部品サプライヤーのロバート・ボッシュ(本社:シュトゥットガルト/最高経営責任者兼取締役会会長:フォルクマル・デナー)は2019年9月、IAA2019(2019 International Motor Show/フラ...

狙え「車載標準」の座!カーシェア全盛期、デジタルキーで勝負 東海理化インタビ...

未来の自動車業界のトレンドを示す「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の中で、既に日本で実サービスとして大小さまざまな企業が事業を展開している領域が、「S(シェアリング)」におけるカーシェアだ。 従来型の...

バーチャルキーがカーシェア市場の未来を握る 開発企業まとめ

国内でもカーシェアリングの人気が高まり、クルマの概念が所有から利用へと転換する兆しが見え始めている。一台の車両を複数のユーザーが利用する仕組みは、今後も増加の一途をたどるだろう。 こうしたサービスに対し、急速に需要を伸ばしてい...

車の鍵を電子化!MaaS領域で新事業!ビットキー、MONETコンソーシアムに...

キー技術を手掛けるスタートアップ企業の株式会社ビットキー(本社:東京都中央区/代表取締役:江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則)は2019年8月28日、モビリティ業界における革新を目的とした横断型組織「MONETコンソーシアム」に加盟したこ...

車のドアのクラウド開閉を可能にする技術!ヨコオが発表、レンタカーに搭載

車載アンテナを製造する株式会社ヨコオ(本社:東京都北区/社長:徳間孝之)は2019年7月25日までに、クラウドから車両の鍵を開け閉めを可能にするシステムを開発し、物理的な鍵の受け渡しが不要となるサービスの提供をスタートさせることを発...

カーシェア市場拡大の肝は、無人化を実現するバーチャルキーだ

「カーシェア、ココにあります」。日本の各地でタイムズカーシェアののぼりを見たことある人は既に少なくないはずだ。C2C(個人間取引)のマッチングサイトも続々誕生し、新たな自動車の利用の形として、カーシェアへの注目度が急速に高まっている。 ...