スバル

自動運転レベル3の「油断の罠」に挑む技術者たち

自動運転レベル3(条件付き運転自動化)技術の実装が間近に迫り、条件付きではあるものの「手放し」による運転が間もなく実現しようとしている。 ただレベル3には特有の危険性もしばしば指摘されている。それは状況によって「システム」と「...

車業界の死闘!研究開発費3兆円超、CASE主導権争い 自動運転や電動化対応で...

自動車メーカーが自動運転化や電動化の取り組みを加速させている。共同通信の報道によれば、こうしたCASEに含まれる次世代技術への対応のために研究開発費が膨らみ、国内主要7社の2020年3月期の研究開発費見通しは合計で3兆円を超えていることが分...

レンタカー、ADAS車両の選択可能に たびらいレンタカー予約

レンタカー事業を手掛ける株式会社パム(本社:沖縄県那覇市/代表取締役:長嶺由成)は2019年6月26日、運営する「たびらいレンタカー予約」において、先進運転支援システム(ADAS)を搭載している車両を指定して予約できるサービスをスタ...

【最新】コネクテッドカー技術まとめ 世界と日本の自動車メーカー別

コネクテッドカーの普及が徐々に始まり、「つながるクルマ」が市民権を得始めた。通信によって車両の状態を管理したり、地図情報を更新したり、アプリを活用したりする場面は今後当たり前の体験になるだろう。 既存の通信環境ではできることが...

ITD Lab、資金調達が総額6.3億円に 自動運転で活躍するステレオカメラ...

自動運転レベル4(高度運転自動化)やレベル5(完全運転自動化)にも対応できる超高性能なステレオカメラの開発とライセンス販売を手がけるITD Lab株式会社(本社 : 神奈川県横浜市/代表 取締役会長:実吉敬二、代表取締役社長:紫垣...

【最新版】自動運転レベル2の要件や定義、機能を解説

独Audi社が自動運転レベル3(条件付き運転自動化)搭載車「A8」を発売して約1年が経つが、法規制などの社会の枠組みが追い付かずほぼ実用化されていないのが現状で、市販車の競争は依然として自動運転レベル2(部分運転自動化)ベースに行わ...

【最新版】空飛ぶクルマとは? 仕組みや技術、必要なインフラなど

「空飛ぶクルマ」の実現が現実味を帯び始めている。日本を含む世界各国で実証実験が頻繁に行われており、実用化を見据えた法整備やルール作りに関する議論も進みつつある。 舞台が「空」とはいえ、トヨタ自動車や日産などの日本の大手メーカー...

【最新版】コネクテッドカー・つながるクルマとは? 意味や仕組みや定義は?

自動運転開発と並び、近年自動車業界で注目が高まっているのが、インターネットを介して外部とつながるコネクテッドカーだ。安全性への貢献やエンターテインメント機能などをはじめ、コネクテッドカーに必要となる高度な通信技術は自動運転の実現にも...

【2018年9月分】自動運転・ライドシェア・AIの最新ニュースまとめ

自動運転事業を加速させている半導体大手ルネサス・エレクトロニクスによる大型買収や米ウーバー社のタクシー分野への進出、国土交通省による自動運転レベル3・レベル4に関する安全技術ガイドラインの発表…。2018年9月も日本で自動運転やライ...

【日本版】自動運転開発を手掛ける主要企業・会社総まとめ 自動車メーカーからベ...

クルマ本体をはじめAI(人工知能)技術や各種センサー、高精度地図情報、通信技術などさまざまな分野が結集して初めて完成する自動運転車。自動運転にマッチした新たなサービスを模索する動きも多くみられる。 自動車メーカーや部品メーカー...