レベル4 に関する記事

【最新版】自動運転車の実現はいつから?世界・日本の主要メーカーの展望に迫る

日本を含む世界の主要自動車メーカーが、自動運転システムを搭載した車両の発表や発売を活発化させつつある。現在は自動運転レベル2〜3の車両が主流で、いつからシステム側が運転の主体になるレベル4の自動運転車が登場するのか関心が集まっている...

自動運転向け「Pro AI」の正体 知られざる水面下の量産化

自動車部品大手の独ZF社と半導体大手の米NVIDIA(エヌビディア)社が共同開発したAI(人工知能)搭載の自動運転制御ユニット「ZF ProAI」が大きな注目を浴びている。すでに量産化が進められており、中国市場を中心に同製品を採用す...

確かに… 自動運転車がスキー場の”ゴンドラ”と酷似

完全自動運転車のデザインは、従来の自動車のデザインと全く異なるものになっていくと言われている。自動運転レベル4(高度運転自動化)またはレベル5(完全運転自動化)が実現すれば運転席やハンドルを設置する必要が無くなり、車内空間デザインの...

自動運転、アジア日中韓三つ巴の開発競争 シンガポールも自動運転バス導入へ

自動運転社会が実現後の巨大市場の取り込みを目指し、アジアでは日本と中国と韓国が三つ巴の開発競争を繰り広げ、自動運転技術の開発や公道試験の環境整備を急いでいる。シンガポールも自動運転バスの早期の導入実現を目指している。 中国、開発加...

自動車部品大手の仏ヴァレオ、安倍首相肝いりの自動運転実証に参加

フランスに本社を置く自動車部品メーカーであるヴァレオの日本法人ヴォレオジャパン(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:アリ・オードバディ)は2018年5月23日、国が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システ...

警察庁、自動運転に関するルール作り着手 道交法の改正視野に

警察庁は、非常時以外はシステム側が運転操作を担う自動運転レベル3(条件付運転自動化)に関するルール作りなどを加速させる。 自動運転車の実用化に向けては、道路交通法などの改正を含むルール整備が必要となる。警察庁は2018年5月2...

グーグルやアップルからの転職組、創業1年で自動運転キット発表 中国Roads...

中国のスタートアップ企業Roadstar.ai(ロードスター・エーアイ)社は2018年5月18日、「シリーズA」と呼ばれる創業初期の資金調達で1億2800万ドル(約142億円)を確保したと発表するとともに、自動運転レベル4(高度運転...

半導体商社の米アヴネット、自動運転技術を紹介 スタートアップ支援も強化

エレクトロニクス技術商社の米アヴネット(日本法人はアヴネット株式会社=本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:茂木康元)は、東京ビッグサイトで2018年5月9〜11日に開催された「Japan IT Week 春 2018」に出展し、自動...

BMWの次世代自動運転車「iNEXT」、レベル3.5搭載EVのスペックは?

ドイツの自動車メーカーBMWの次世代自動運転車「iNEXT」のデザイン画が、2018年5月開催の年次総会で初公開された。自動運転レベル3.5相当が搭載されると言われており、2018年末にコンセプトカーを発表後、2021年に生産・販売...

自動運転テスト進める全世界53社まとめ@カリフォルニア 解説付

カリフォルニア州車両管理局(DMV)の発表によると、同局が2018年5月9日までに自動運転試験の走行許可を交付している世界各国の企業は53社に上ることが分かった。 国別では、アメリカ企業が32社で最も多く、中国企業がネット大手...