レベル3 に関する記事

【最新版】自動運転レベル3の定義や導入状況は?日本・世界の現状まとめ

日進月歩で進化を続ける自動運転技術。自動運転レベル2(部分運転自動化)搭載車が続々と市場に投入される中、2017年にドイツの自動車メーカー「アウディ」が自動運転レベル3(条件付運転自動化)に該当するシステムを初めて量産車に搭載し、ま...

【最新版】自動運転車の実用化による10のメリットとは?社会や人への恩恵は?

自動運転レベル3(条件付運転自動化)搭載車がいよいよ市場に登場し始め、運転を支援するシステムから完全自動運転へまた一歩前進した。法整備や国際的なルールづくりも待ったなしの状況で、より高レベルな自動運転車の実用化も現実味を帯びてきた。...

【最新版】自動運転車の実現はいつから?世界・日本の主要メーカーの展望に迫る

日本を含む世界の主要自動車メーカーが、自動運転システムを搭載した車両の発表や発売を活発化させつつある。現在は自動運転レベル2〜3の車両が主流で、いつからシステム側が運転の主体になるレベル4の自動運転車が登場するのか関心が集まっている...

自動運転向け「Pro AI」の正体 知られざる水面下の量産化

自動車部品大手の独ZF社と半導体大手の米NVIDIA(エヌビディア)社が共同開発したAI(人工知能)搭載の自動運転制御ユニット「ZF ProAI」が大きな注目を浴びている。すでに量産化が進められており、中国市場を中心に同製品を採用す...

確かに… 自動運転車がスキー場の”ゴンドラ”と酷似

完全自動運転車のデザインは、従来の自動車のデザインと全く異なるものになっていくと言われている。自動運転レベル4(高度運転自動化)またはレベル5(完全運転自動化)が実現すれば運転席やハンドルを設置する必要が無くなり、車内空間デザインの...

AI自動運転「死者ゼロ」は幻想か 制動距離と物理的限界

「自動運転で交通事故死者はいなくなるのか?」という問いをたまに耳にする。厳密にいえば、答えは極めて低い確率と言える。では、完成車メーカーが交通事故による死亡者や重傷者をゼロにするというビジョンや取り組みは幻想なのだろうか? 「果たし...

先端技術が結集!CESアジア展、GMの自動運転技術など先行表彰

全米民生技術協会(CTA)は2018年5月29日、中国・上海市で6月13〜15日に開催されるCESアジア2018を前に、「CESアジア・イノベーションアワードプログラム」の受賞企業を発表した。自動車技術の部門では5事業が選ばれ、米G...

国内初、自動運転の空港実験実施へ 気になる参加企業

国土交通省は2018年5月25日、日本国内の空港の制限区域内における初の試みとして、乗客乗員の輸送を想定した自動運転の実証実験を行うと発表した。空港における地上業務の労働力不足が深刻化している中、将来的には自動運転車の導入で業務量の...

年間300万台規模も!? 2030年の自動運転車販売、日本市場で

政府が2018年6月にまとめる成長戦略の原案で、2030年までに国内新車販売台数の3割以上を自動運転レベル3相当の自動運転車にする目標を掲げたことが、日経新聞の報道などで分かった。2030年の日本国内の自動車生産台数は1000万台規...

自動車部品大手の仏ヴァレオ、安倍首相肝いりの自動運転実証に参加

フランスに本社を置く自動車部品メーカーであるヴァレオの日本法人ヴォレオジャパン(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:アリ・オードバディ)は2018年5月23日、国が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システ...