レベル2 に関する記事

【最新版】自動運転レベル3の定義や導入状況は?日本・世界の現状まとめ

日進月歩で進化を続ける自動運転技術。自動運転レベル2(部分運転自動化)搭載車が続々と市場に投入される中、2017年にドイツの自動車メーカー「アウディ」が自動運転レベル3(条件付運転自動化)に該当するシステムを初めて量産車に搭載し、ま...

【最新版】自動運転車の実用化による10のメリットとは?社会や人への恩恵は?

自動運転レベル3(条件付運転自動化)搭載車がいよいよ市場に登場し始め、運転を支援するシステムから完全自動運転へまた一歩前進した。法整備や国際的なルールづくりも待ったなしの状況で、より高レベルな自動運転車の実用化も現実味を帯びてきた。...

確かに… 自動運転車がスキー場の”ゴンドラ”と酷似

完全自動運転車のデザインは、従来の自動車のデザインと全く異なるものになっていくと言われている。自動運転レベル4(高度運転自動化)またはレベル5(完全運転自動化)が実現すれば運転席やハンドルを設置する必要が無くなり、車内空間デザインの...

産学連携で「レベル2」達成 群馬大、自動運転バス開発の成功発表

国立大学法人群馬大学(学長:平塚浩士)と特殊車両の製造などを手掛ける株式会社ケイエムオー(本社:群馬県伊勢崎市/代表取締役:神尾将光)は2018年6月1日、共同開発した自動運転バスが完成したことを発表した。今後、公道実証実験に取り組み、必要...

世界の自動運転トラック市場を読み解く H&Iグローバルリサーチが調...

グローバル市場調査レポートの販売事業などを手掛けるH&Iグローバルリサーチ株式会社(本社・東京都中央区/代表者・木村哲也)は4月19日、自動運転トラックの世界市場について、自動運転レベルや業種別、国・地域別に調査した資料の取...

【最新版】自動運転レベル0〜5まで、6段階の技術到達度をまとめて解説

自動運転レベルは、人(運転手)と車(システム)が担う運転動作の比率や技術到達度、走行可能エリアの限定度合いなどによって、レベル0からレベル5の6段階に分類されている。 自動運転レベルは当初、「米運輸省道路交通安全局」(NHTSA)の定...