電気自動車(EV) に関する記事

AI自動運転やMaaS、ライドシェアなどの将来市場規模予測10選

成長著しい自動運転関連市場。2020年代には自動運転レベル3(条件付き運転自動化)以上が実用化され、コネクテッド技術やサービス、MaaS(Mobility as a Service)分野など広範囲に波及しながら市場規模を拡大し続けて...

消えゆく信号…自動運転化で2040年に 米都市調査団体が予測

「2040年以降は信号機がなくなり、駐車場はオープンスペースになる」――。米国で都市調査などを手掛ける団体「Regional Plan Association(RPA/地域計画協会)」が2017年10月に発表したリポート「New Mobil...

【最新版】トヨタのe-Palette(イーパレット)とは? MaaS向けの多...

次世代のモビリティの在り方を象徴するモデルとして、トヨタ自動車が2018年に発表した「e-Palette」。転換期を迎えつつある自動車社会において同社の命運を握る「カギ」と言っても過言ではない存在で、無限の可能性を秘めたコンセプトモ...

日産新CM、テーマは自動運転技術への挑戦 大坂なおみ選手起用

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市/社長兼最高経営責任者:西川廣人)は、 2019年2月6日から放映される新CMにプロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手を起用したと発表した。新CMは自動運転化技術の開発に挑戦し続けることを宣言す...

テスラ、ハッキング大会にモデル3提供 自動運転ソフトなどのセキュリティ向上目...

米電気自動車(EV)大手のテスラは2019年1月28日までに、3月開催のハッキングコンテストに同社の主力車種「モデル3」を提供すると発表した。モデル3のハッキングに成功した人の中から"最優秀者"に車両そのものをプレゼントするという。...

自動運転や隊列走行の研究後押し ZMPのRoboCar MV2、熊本高専に

熊本高等専門学校制御情報システム工学科は、物流効率化や高齢者・障害者の運転支援技術の研究を進めているが、このほどより実践的な研究として四輪自動車の自動運転や運転支援の研究を目的に、株式会社ZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:...

ティアフォーの自動運転戦略まとめ Autowareとは?

名古屋大学発の自動運転スタートアップである株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:武田一哉)。設立から丸3年が経過し、オープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware(オートウェア)」を武器に活躍の場を世界...

マクニカ、自動運転開発向けの小型EV「アカデミックパックPRO」を展示

電子部品商社の株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:中島潔)は、東京ビッグサイトで2019年1月16〜18日にかけて開催された「第2回自動運転エキスポ」に出展し、自動運転開発のための小型EV(電気自動車)「アカデミ...

VWとフォードが包括提携に合意 自動運転やEV分野で協力

ドイツの自動車メーカー大手フォルクスワーゲン(VW)と米フォードが2019年1月15日、包括提携に合意したと発表した。発表によれば、両社は技術や製品の相互供給を進めるなどし、2022年を目標に中型トラックを世界向けに、商用バンを欧州...

自動運転車へのサイバー攻撃、月30万回 ハッカー3500人から イスラエル企...

自動運転車やコネクテッドカーは月平均30万回のサイバー攻撃を3500人ものハッカーから受けている——。こんな調査結果をセキュリティ事業を手掛けるある中東の企業が2019年1月15日までにまとめ、話題になっている。 この調査結果...