走行実験・社会実証

米インテル、自動運転技術で800万台分の巨大契約獲得 欧州メーカーに提供へ

半導体大手の米インテルが153億ドル(約1兆7000億円)で買収したイスラエル企業モービルアイ社が、同社の自動運転技術を車両800万台に対して提供する契約を欧州の自動車メーカーと結んだことが2018年5月18日、明らかになった。ロイ...

月往復10,000回分を自動運転で仮想走行 グーグル系ウェイモ

米グーグル系の自動運転車開発企業Waymo(ウェイモ)社の自動運転シミュレーションにおける総走行距離が、50億マイル(約80億キロメートル)に達した。これは、地球から月への往復距離1万回分に相当する距離だ。Googleが2018年5...

米グーグル系ウェイモの自動運転車、公道試験中に衝突事故 乗員軽傷

米グーグル系の自動運転車開発企業Waymo(ウェイモ)社が走行試験をしていた自動運転車両が、米アリゾナ州で現地時間2018年5月4日昼過ぎ、公道で衝突事故に巻き込まれた。報道などによると、事故当時は自動運転モードで低速走行中だったと...

アバターが自動運転バスの車内に 先進技術スタートアップのSpiralMind...

先端技術の研究・開発や新技術実用化などを手掛ける株式会社SpiralMind(本社・東京都品川区/代表取締役・鎌田卓は4月26日、福岡空港内で5月8日から10日の3日間実施される自動運転バスのデモンストレーションに対し、「アバターテ...

ロボネコヤマトが神奈川県藤沢市内を走る 自動運転車両を使った配送実験

国内配送大手のヤマト運輸株式会社(本社・東京都中央区/代表取締役・長尾裕)と株式会社ディー・エヌ・エー(本社・東京都渋谷区/代表取締役・守安功)は4月24日、将来的な自動運転社会における次世代物流サービスの実現を目指すためのプロジェ...

AI研究のアセントロボティクスが11億円調達、自動運転実験や技術者採用など加...

人工知能(AI)テクノロジーの研究・開発(R&D)を手掛けるアセントロボティクス株式会社(本社・東京都渋谷区/代表取締役・石﨑雅之)は2018年3月、約11億円の第三者割当増資を実施したと発表した。この資金により、自動運転の...

独電機メーカーのシーメンス、自動運転の試走距離を大幅削減へ

ドイツの電機大手シーメンスは2018年3月27日、自動運転車の開発に必要な検証や妥当性の確認に必要な時間を短縮するソリューションを開発していることを明らかにした。米イリノイ州のシカゴで開催した「Siemens U.S. Innova...

中国、自動運転走行テストのガイドライン発表 非公共ゾーンでの事前試走義務付け...

中国政府はこのほど、自動運転車の公道試走に関するガイドラインを発表した。米国や欧州、アジア各国で自動運転技術の開発が進む中、世界的な自動運転車の市場競争に出遅れないよう、今後、法整備を含めた自動運転車に関連する環境整備を加速させたい...