コンチネンタル(continental) に関する記事

CES 2019:米半導体大手エヌビディア、自動運転レベル2+の「NVIDI...

米ラスベガスが舞台の世界最大級の家電見本市「CES 2019」(2019年1月8〜11日)に合わせ、米半導体大手のエヌビディアが「自動運転レベル2+」のNVIDIA DRIVE AutoPilotを発表した。 NVIDIA D...

自動運転タクシーに乗りたい人は? 中国79%、アメリカ47%、日本45%、ド...

独自動車部品会社コンチネンタルは2018年12月14日までに、2018年版自動車業界調査レポート「モビリティ・スタディ」を発表した。その中で「ロボットタクシー」(自動運転タクシー)に関しての調査があり、乗りたい意向がある人の割合は中国が79...

「自動運転×タクシー業界」の最新動向は? グーグルの事業展開や日本における取...

アメリカで2018年12月にドライバーが不在でも運行可能な自動運転タクシーが誕生した。米国に後れを取っているものの、日本国内でも営業走行による実証実験がすでに行われており、2020年の実用化を目指す動きがある。普及には時間がかかるか...

VW(フォルクスワーゲン)の自動運転戦略とは? 開発の進捗やロードマップは?...

大衆車から高級スポーツカー、バス、トラックに至るまで幅広いブランドが集結しているフォルクスワーゲン(VW)グループ。今や年間新車販売台数1000万台を超す世界最大級の自動車メーカーグループとなっている。 多彩なブランドが揃う同...

LiDARのMEMS式とSolid State式、特徴や違いを解説

自動運転車に欠かせない「目」の役割を担うセンサー類。その中でも近年開発競争が激化しているのがLiDAR(ライダー)だ。当初は自動運転開発用が主流で高価だったが、市販車への実用化を模索する中でさまざまな技術が導入され、低価格化も進んで...

【最新版】日産の自動運転戦略や技術まとめ EV、コネクテッド化も柱

東京モーターショー2017で完全自動運転を実現するコンセプトカー「NISSAN IMx」を初公開した日産自動車。EV(電気自動車)専用プラットフォームや自動運転、コネクティビティなどあらゆる要素を盛り込んだ夢の一台だ。 市販車...

デンソーなどトヨタ系4社、AI自動運転での新会社設立検討を正式発表 アイシン...

トヨタ自動車グループのデンソーなど4社は2018年8月27日、自動運転の技術開発を推進する合弁会社設立を検討することに同意したと正式に発表した。2019年3月の設立を目指し、4社の総力を結集する。 4社は株式会社デンソー(本社...

【2018年8月分】自動運転・ライドシェア・AIの最新ニュースまとめ

2018年4~6月期の各社の決算状況をはじめ、高級スポーツカーでおなじみのポルシェによる自動運転システム搭載車の発表、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期の始動、埼玉工業大学の取り組み、米テスラ社CEOのイーロン・マス...

【最新版】LiDARとは? 自動運転車のコアセンサー 機能・役割・技術・価格...

自動運転技術の進展とともに拡大を続ける関連市場。中でもLiDARの需要は青天井のごとく伸び続けており、マーケティング会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザの市場規模は2017年の約25億円から2030年には約4959億円まで約2...

デンソーなどトヨタ系4社、AI自動運転の技術開発で新会社 アイシン精機、ジェ...

トヨタ自動車グループのデンソーなど4社が、自動運転向けの技術開発で新会社を設立することが2018年8月24日、分かった。報道によれば、デンソーが50%以上を出資するものとみられ、2018年内に設立される予定だ。日本経済新聞が報じた。...