エヌビディア

米半導体大手NVIDIA、自動運転シミュレーション用のオープンプラットフォー...

米半導体大手エヌビディアは2019年3月21日までに、自動運転車の仮想シミュレーションが可能なオープンプラットフォーム「NVIDIA DRIVE Constellation」の提供を開始したと発表した。 併せて、トヨタ自動車の...

米エヌビディア、「自らを危険から遠ざける」自動運転向け安全ポリシーを発表

米半導体大手エヌビディアは2019年3月21日までに、自動運転車を衝突から守るためのドライビングポリシー「DRIVE AV Safety Force Field」(SFF)について発表を行った。 同社は報道発表で「シミュレーシ...

米エヌビディア、トヨタ子会社のTRI-ADと自動運転開発で協業

米半導体大手エヌビディアは2019年3月19日、トヨタ自動車の子会社で自動運転技術を開発する「トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)」と協業すると発表した。 より安全な自動運転の実...

欧州の双頭・BMWとダイムラーによる「リーチナウ」の可能性とは?

独BMWグループとDaimler AG(ダイムラー)がモビリティサービスの領域で統合し、5つの合弁会社の設立を正式に発表した。10億ユーロ(約1260億円)以上を投資し、カーシェア、ライドヘイリング、パーキング、チャージング(充電)...

自動運転と半導体業界、先行するモービルアイ、追うルネサス

自動運転やADAS(先進運転支援システム)において、目の役割を担うセンサー。最新の調査結果によると、自動車用センサーの世界市場規模は2023年に今の倍近い662億ドル(約7兆3000億円)に達するというデータもある。 盛り上が...

米エヌビディア、「自動運転レベル2+」の分類追加を提案

米エヌビディアは現在、自動運転レベル2以上3未満の「自動運転レベル2+」という新たな分類を提案している。 普及が進む自動運転レベル2(部分運転自動化)では、交通事故の軽減などに一定の効果はあるものの、自動運転実現にはまだ遠い状...

半導体大手エヌビディア、自動運転向けAI好調で純利益89%増 ダイムラーやボ...

米半導体大手エヌビディアは2018年8月22日までに、2018年5〜7月期決算について発表した。同社が公表した売上高は前年同期比で40%増の31億2300万ドル(約3450億円)となり、純利益は11億100万ドル(約1220億円)で...

ドイツ勢のボッシュとダイムラー、無人自動運転車にエヌビディア製AI採用

完全自動運転車の開発でタッグを組んでいるドイツ自動車部品大手ボッシュとドイツ自動車メーカー大手ダイムラーは2018年7月11日、報道発表を行った。米半導体大手エヌビディアが開発を手掛けるAI(人工知能)コンピュータボード「DRIVE...

人間vsロボット、AI自動運転車が英レース出走へ LiDARなどセンサー搭載...

2018年7月にイギリスで開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018」のヒルクライムレースに、完全自動運転車が初出走することが2018年7月3日までに明らかになった。出走するのは、フォーミュラE併催の自動運転車...

自動運転の通信規格標準化へ VW、ボッシュやエヌビディアなどと業界団体設立

ドイツ自動車メーカー大手のフォルクスワーゲン(VW)はこのほど、通信用半導体開発を手掛ける米アクアンティアやドイツ自動車部品大手のボッシュとコンチネンタル、米半導体大手エヌビディアの4社と、自動運転車のネットワーキング・通信の標準化...