ウェイモ(waymo) に関する記事

ホンダの自動運転・ADAS戦略とは? ホンダセンシング標準装備化

1948年、浜松の小さな町工場で自転車用補助エンジンの製造からスタートした本田技研工業(本社:東京都港区/八郷隆弘社長/以下ホンダ)。今では国内シェア2位(2017年販売台数)、世界でも7位(同)の世界有数の自動車メーカーとして存在...

自動運転におけるビッグデータ解析、活用シーンまとめ&解説

パソコンやスマートフォンの普及により日常に情報が溢れ、良くも悪くも情報なしでは生きていけないような情報化社会が到来している。この氾濫する情報を蓄積し、解析して新たなサービスに生かす動きがさまざまな分野で登場しているが、自動運転の分野...

自動運転レベル5の定義や各社計画を解説&まとめ 実現はいつ? 必要インフラは...

自動運転の最終形と言われる「自動運転レベル5」。ハンドルやアクセル・ブレーキなどは基本的に必要なくなり、自由な空間で自由な移動を楽しめるクルマの誕生は、モビリティに対する考え方を一変させる。実用化される頃には、取り巻く交通環境も今と...

自動運転レベル4の定義や導入状況を解説&まとめ 実現はいつから?

自動運転レベル3(条件付き運転自動化)搭載車両の市販化が世界で始まっている。次の市販化のハードルは自動運転レベル4(高度運転自動化)となった。 運転においてドライバーとシステムが混在するレベル3に対し、レベル4は基本的にシステ...

アップルの自動運転試験車両、カリフォルニアで70台に トップはGM、2位go...

米アップル(本社:カリフォルニア/CEO:ティム・クック)がカリフォルニア州車両管理局(DMV)に登録している自動運転試験車両が、70台にまで増えていることが2018年9月13日までに明らかになった。試験車両を操作するドライバーの数...

【寄稿】実は50年前に完成していた自動運転!? イノベーションの起源からIT...

世に自動車が登場してから最大のイノベーションとも呼ばれている「自動運転」。現在、自動車メーカーのみならず、IT企業やAI(人工知能)関連企業なども参入し、世界規模で開発競争が激化している。ここ数年で広くその技術が知られるようになったが、実は...

グーグル系ウェイモの自動運転車はKY…一時停止3秒ルールに苛立つ人間 アメリ...

グーグルの自動運転車はKY(空気が読めない)——。 有料会員制テックメディアの米The Informationが2018年9月10日までに、グーグル系ウェイモが開発する自動運転車についての報告レポートを発表した。報告によれば、...

欧米自動車大手FCA、自動運転検証施設にトンネル付き高速道 グーグル系ウェイ...

欧米自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は2018年9月9日までに、自動運転や運転支援の技術開発にむけた検証施設に3000万ドル(約33億円)を投資することを発表し、施設内にトンネルも完備した高速道路を設...

グーグル系ウェイモに転職!自動運転エンジニアの求人・採用・年収情報などまとめ...

米カリフォルニア州マウンテンビューに本社を構えるGoogle(グーグル)系の自動運転開発企業Waymo(ウェイモ)。2016年12月の創業と日は浅いが、グーグル時代からの優秀なエンジニアや、他社から転職し中途採用されたエンジニアらが...

自動運転タクシーの実現はいつから? 料金やサービスは? 開発している会社・企...

21世紀の新たな次世代交通手段として、「自動運転車」と「タクシー」を組み合わせた自動運転タクシーへの注目が高まっている。タクシー車内に乗務員がいない無人状態で客を乗せて目的地まで行くというサービスだが、具体的にはどういったものでいつ...