Sponsored by ウエスタンデジタル

ドライブレコーダーが収集してきたデータ、今後収集するデータ(深掘り!自動運転...

車載オプションとして近年人気を集めているドライブレコーダー。事故や事件に巻き込まれた際の証拠映像としての役割が人気の背景にあるが、新たな時代に向けさらなる進化を遂げつつある。 自動運転やコネクテッドカーが勢力を増すこれからの時...

自動運転の実証実験で活用されるデータ通信規格「ローカル5G」とは?(深掘り!...

高速通信を可能にする第5世代移動通信システム「5G」の商用化がスタートした。自動運転の実現に必須と言われる通信方式だが、最近では「ローカル5G」というワードもよく耳にするようになった。 ローカル5Gとは何か。自動運転の実証実験...

未来のメータークラスターはこう変わる!(深掘り!自動運転×データ 第44回)...

完全自動運転の実現により、ドライバーは自動車の制御や周囲の監視といった運転に必須となる作業から解放される。すべての作業をコンピューターが担うのだ。 こうした変化は、ドライバーの負担を減らすことにとどまらず、車内装備にも大きな変...

V2X通信でやり取りされるデータの種類は?(深掘り!自動運転×データ 第43...

コネクテッドカーの普及が始まり、「つながるクルマ」が続々と市場に投入されている。通信技術を生かしたさまざまなサービスが誕生しているほか、自動運転の社会実装に向けクルマがあらゆるモノと通信するV2X(Vehicle-to-X/Vehi...

ADASで必要とされるデータは?車載ストレージ選びも鍵(深掘り!自動運転×デ...

自動運転の社会実装が始まったが、市販車ベースではまだまだ主力のADAS(先進運転支援システム)。交通安全とともに自動運転につながる技術として、より高いレベルを目指す研究開発が続いている。 ADASには衝突被害軽減ブレーキなど幅...

自動運転で使う高精度3D地図データ、その作製方法は?(深掘り!自動運転×デー...

自動運転技術の実用化に伴って重要となってくるのが「高精度3次元地図」(高精度3Dマップ)だ。そんな高精度3次元地図はどのように作製されているのだろうか。具体的に解説していこう。 ■高精度3次元地図の作製 MMS(...

AEC-Q100とは?車載ストレージ関連知識(深掘り!自動運転×データ 第4...

高い耐久性や堅牢性が求められる自動車向けのストレージには、業界団体が定めた高品質を認定する規格が設けられている。その代表格が「AEC-Q100」だ。 こうした規格は、車載ストレージを選ぶ際の指標の1つとなる。今回はAEC-Q1...

検証用に車載用フラッシュストレージを無償提供!Western Digital...

車載システムの開発向けに、Western Digital(ウエスタンデジタル)の検証用フラッシュストレージを無償提供するプログラムがスタートした。自動運転やコネクテッド技術をはじめイノベーションが加速する業界をデータ処理の面から力強...

e.MMCとは?車載ストレージ関連知識(深掘り!自動運転×データ 第39回)...

コネクテッド技術や自動運転関連技術の高度化や実装が進む自動車業界。技術や各コンピューター機器の高機能化とともに、データを処理・記録する基盤となるストレージの高性能化も進んでいるようだ。 一方、こうしたフラッシュメモリをはじめと...

自動運転、「心臓部」であるストレージに信頼性・堅牢性が必要な理由は?(深掘り...

多くのデータを生成・解析する自動運転車。カメラなどから取得したセンシングデータやV2Xによって取得した道路交通情報などを絶えず収集・解析しながら道路上を走行する仕組みだ。開発分野では、周囲の状況を検知するセンサー機器やデータを解析す...