鈴木 将

1995年5月生まれ、神奈川県出身。小学生の時に家電の分解から電子回路に興味を持ち、電子工作を始める。エンジニアを目指し工学院大学へ入学、現在は同大学院で小型ロボットのモデル予測制御について研究。

【寄稿】ぼくの大学院生活を捧げた自動運転ミニカー製作の全て 工学院大学修士1...

2020年代に公道における自動運転の法整備やインフラ整備は一気に進む。日本、そして世界の大手メーカーからベンチャー企業までがいま躍起にやって開発を進める技術が人々にとって身近な存在となり、次世代技術の恩恵を受ける時代はもうすぐそこまで来...